知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ロッテ大勝!

今日は草野球をさぼってまでロッテを見に行ったかいがありました。
今日はチケットを用意していかなかったため、1時間前に球場に着くように家を出ました。そうしたら案の定、球場ではチケットを求める長蛇の列ができていました。窓口の人の対応が早かったのか、10分ほどで3塁側の内野B指定席券が買えて、球場に入ることができました。

今日のお目当ては、ロッテファンでした。スポーツニュースで垣間見る選手とファンのあの一体感を自分も感じてみたいとずっと思っていました。また、小さい頃は、セ・リーグは横浜スタジアム、パ・リーグは川崎球場で試合を見ていたので、この2チームの激突をぜひとも見てみたいと思っていました。当時の大洋とロッテの力では、日本シリーズでは絶対に見れないので、こんな機会をずっと待ち望んでいました。
a0006228_22221829.jpg

自分自身初のセ・パ交流戦観戦でしたので、少し興奮気味に球場に入ったのですが、楽しみにしていたロッテファンの黒い一団は、試合が始まるまではすごくおとなしいものでした。ベイスターズ側というか、セ・リーグの大抵のチームは、スタメン発表のあとは必ず軽くチームを応援するものですが、ロッテはスタメン発表の際も、「一番ショート小坂」とコールがあっても、「オイ!」っとしか言わず、淡々としたものでした。
a0006228_22183684.jpg

でも試合が始まると、ロッテファンの応援はかなり熱かったです。1回表にフランコの3ランもあったりで一挙に4点取ったこともあるのですが、あの興奮に僕も巻き込まれていました。応援で面白かったのは、カウントがツースリーになったときによくやる「オー」っという掛け声のようなものを、1球目からやっていたりしました。また、小坂や西岡が一塁に出ると、「リー、リー」と草野球の一塁コーチのような掛け声をみんなでします。ベイスターズの投手が少しでもプレートを外すとブーイングを容赦なく浴びせます。
a0006228_2232102.jpg

ロッテファンと選手の一体感を感じたくて見に行った試合だったので、18-0というスコアは本当に満足のいくものでした。でも、いつも見ているベイスターズ、特に少し気にかけている加藤が滅多打ちにあっていたので気の毒でした。ヒーローインタビューでは、完封した渡辺俊介が、登板すると打者が大量得点を取ってくれるのを「日頃の行いがいいから」と答えていたり、プロ野球タイ記録の一試合5三振の記録についてもユーモアたっぷりに触れていました。背番号26というファンの背番号のユニフォームを外野スタンドに向けて掲げていたりして、選手のほうからもファンのことを意識してくれるのが本当に幸せだと感じました。
ヒーローインタビュー後はしばらくロッテ応援団のコールが続いていて、「首位!マリーンズ!!」と言っていたのを聞いて、カープの応援でそんなことを言ってみたいとしみじみ思いました。

試合前の守備練習では、センターとレフトがキャッチボールをしているときに、センターの選手が背面キャッチをしていてファンから歓声を浴びていました。でもレフトの選手(たぶん井上純)はそのようなパフォーマンスをしていなかったのでブーイングを浴びていました。こんな和気藹々とした雰囲気を作れるのは、バレンタイン監督だからかなと思ってしまいました。カープに置き換えてみると、緒方と前田がそんなふうにキャッチボールするとは考えられないし、もし若手がそんなことをやっていたら、ベンチで怒られそうな気がします。

試合は、隠し球あり、疑惑のホームランありで、いろんな意味で本当に楽しめました。隠し球のときは、僕は全く気が付いていなくて、ベイスターズの選手がいきなり全員引き上げた(2アウト時に隠し球をした)ので、そんなに強く抗議することが何かいきなり起こったのかと思いました。疑惑のホームランは、李承燁が打った打球がレフトのポールを直撃したように見えたのですが、3塁塁審が、おそらくポールではなくポールを支えているワイヤーに当たったと判断し、ファールと判定したことです。ポールの近くで見ていたのですが、ポールに当たったように見えていたので、この判定には納得がいきませんでした。でも李承燁は不満を強く出すわけではなく、ヒットを打ってファンの不満を晴らしてくれました。続く橋本(キャッチャーです。僕はロッテの正捕手は里崎だと思っていました…)もあわやホームランという外野フェンス直撃のツーベースを打ってくれ、ホームランっぽい打球がファールと判定されても結局はその分の点を取るという痛快なことが起きると期待していたのですが、次の初芝が見せ場なくあっけなく凡退してしまいました。初芝や堀といったベテランは僕も気になりますので、頑張ってほしいところでした。

まとまりがなくなってきましたが、とにかく楽しい試合観戦でした。パ・リーグは日ハムや西武が好きでしたが、ロッテも今日一日だけでめちゃくちゃ好きになりました。福浦の選球眼やくさい球をカットしていい球を逃さず打つという技術の高さにも惚れました。ロッテ最高です!!
[PR]
by nemo2000jp | 2005-05-08 22:16 | プロ野球