知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

トラックバックされました

エキサイトブログトップの「うちのコ、こんなにお茶目です♪」というトラックバックテーマに関して書いた先日の記事にトラックバックがつき、「私は猫好きです!」という意見をxuehuさんからいただきました。この意見に対してまともに答えてしまうと、自分がどれだけ冷たい人間かをさらけ出すだけなので気が向かないのですが、せっかくいただいた意見なので話を膨らませてみようと思います。

自分の子供やペットをかわいいでしょうと他人に対して発信するのは、xuehuさんも言われているように、「本人には本当に大きい意味を持っているからだと」僕も思います。しかし僕はそれを押し売りと捉え、その行為が無神経すぎると思ってしまいます。それは、ペットや子供というのはその人の家族(ペットも家族の一員とよく言われます)であり、その家族をかわいいかと聞かれたら、付き合い上決して否定する意見は出せないからです。それが野球に関してとか車に関してだったら、そんなの興味がないと言えばいいことなのですが、ペットや子供というその人の家族に対して興味がないとは当然言えるはずもなく、しかもペットや子供というのは世間に温かい目で見られるということが前提条件としてあり、それを否定するのは人間としておかしいというか冷たい人という目で見られてしまうこともあり、肯定されるのが当然として自分のペットや子供自慢をするというその心理がすごく嫌なんです。それが高じてくると、自分の子供は○○大学に入ったとか、うちのペットは待てができるなどというどうでもいいような話をこちらは全て肯定して聞かなくてはいけなくなり、うんざりすることがあります。こういったペットや子供のあつかましい話を聞くことがあって、「うちのコ、こんなにお茶目です♪」というトラックバックテーマにトラックバックしたのですが、このテーマが肯定派の人しか参加できないものであれば、僕の先日の投稿は間違いであったと言わざるを得ません。

>友だちが赤ちゃんを見せてくれたけど、私は不細工だと思う。かわいいと
>言えない。といったとき私は、『お父さんに似てる』とか『肌つるつる』とか
>『爪、こんなに小さい!かわいい!』と本気で言えることを見つけて言います
これは、僕も会話の主導権を相手に持たせてしまうように話して何とかしのぐようにしています。どちらに似てるのかとか、その答えによっては、やっぱり目のところがお父さんにそっくりだよねとか話して、向こうから話してくれるように仕向けます。このような話に関しては、韓国も日本も変わらないものだと思います。


ところで、本題からそれてしまう恐れからあえて触れなかった話題があります。それが、家族自慢の最たるものとしての年賀状の赤ちゃん写真です。これはよく聞く話だと思いますが、子供がほしいと思っても恵まれない夫婦や、子供を小さくして亡くしてしまった家族に対して、うちの子供はこんなに元気ですとでもいうような年賀状を送るという無神経なことができるでしょうか。また、ペットを亡くしてしまった人に対しても同様なことができるでしょうか。
今回はブログ上での話であるのに何で年賀状と思われるかもしれませんが、僕が先日の記事にも書いたように、ブログの新規開拓をしていると必ずといっていいほど家族自慢のブログに当たってしまうことが多く、不特定多数の人に向けて発信するにはあまりに貧困なテーマだと思ったので記事にしました。家族自慢をしている人の知り合いであればそれを肯定することができますが、見ず知らずの人(ブログでの交流もない人)の家族自慢をされても本当に困ります。
家族は自分が守り育てていくものであり、家族に対する愛情もその中で消化されるべきものを、それをわざわざ他人にひけらかしてまでしてかわいいなどといった肯定をしてもらって、その他人の愛情まで受けようとする人たちのことが僕にはわかりません。

【追伸】
長々と書きましたが、結局言いたいことは最後の4行だけです。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-05-27 01:53 | 真面目もの