知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

想定の範囲外

期待していたことが思うように進まないため、身の振り方を考えなくてはならなくなりました。あまり話せないことがネックとなっており、こればかりはしょうがないという感じです。教員採用試験一本に絞れということなのかもしれませんが、中学校社会なんてと諦め半分の自分もいたりして、どうしても保険をかけようとしてしまいます。しかも公立の学校に対して失望傾向が強いので、何だかいろいろと悩むことになりそうです。

公立学校に対しての失望というのは、去年受けた横浜市の教員採用試験も大きく影響(教育実習でも失望していました)しています。筆記試験のあと、うろ覚えですが2時間強も待たされて受けた集団面接(7名ぐらいだったと思います)が、まずみんなでキャンプファイヤーの場面を演じてくださいということでした。持ち時間は5分で、その間に各人の役割を決めて演じなくてはいけません。僕はキャンプファイヤーの司会進行役という無難な役に落ち着き、第一声を発したのですが、その後の展開に思いっきり引きました。「キャンプファイヤーを始めます」というようなことを言ったら、生徒役を買って出た受験生たちが、子供のように「わーい」とはしゃぎだしたんです。思いっきり小学生の乗りです。この面接はここで時間切れとなり、その後は普通の集団面接が30分強続いたのですが、あの生徒役の人たちの変わりようが忘れられなくて、今年の横浜市の試験を受けるのが怖くなっています。中学校の試験を受けにきているはずなのに、幼稚園の先生の募集なのかと錯覚してしまうぐらい本当に僕は引きました。この面接では、どのように役決めなどを話し合っているのかなどが見られているようなのですが、演じるときのあの雰囲気は本当に嫌なものがあります。今年は他の県にも願書を出したので、受験地がそう遠くないようであれば横浜市は避けようと思っています。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-06-15 01:25 | 教育