知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月3日(日)VS読売戦

この試合は長嶋さんが観戦するということで変なところで盛り上がっていて、カープは負けざるを得ない試合なんだろうなと思いつつ東京ドームに向かいました。家を出るときにメガホンを持って行くのを忘れたりして、ドームに着いたのが試合開始5分前でした。座席に向かう途中に長嶋さん入場セレモニーがちょうど始まり、スクリーン一面に長嶋さんが映り、貴賓席にはスポットライトが当てられていました。僕は長嶋さんのファンでも何でもないですが、このときはやはりうれしいものがありました。
このセレモニーが終わった後にやっとスコアボードを見ることができました。昨日観戦して、木村拓の一番はもう見たくないと思っていたら、走塁で光るところを見せていて気になっていた松本高が一番バッターになっていました。この抜擢にすごく驚き、うれしくもありました。松本高は、守備につくときにもきびきびとした動きを見せており、常に元気でした。野村の若いときを見ているようで、とても好感を持ちました。初ヒットも打って、ボールがベンチに返されるのも初めて見たような気がします。また、4番が新井になっており、これはデイリーに書かれていた通りらしいのですが、4番に座ってからのあの不振をどうしても考えてしまうので、新井は最強の6番か7番でいいよと思っていました。ピッチャーは予想通りのロマノVS桑田でした。
1回表・裏の攻防はあっさりと10分で終わってしまいました。ところが2回、絶好調の新井がやってくれました。4番の重圧とやらはもう関係なさそうな鋭い当たりの二塁打を打ちました。そのあとランナーがたまり、満塁で死球と四球の押し出しがあり、あっさりと2点もらいました。桑田はコントロールが生命線の投手だと思っていたので、この乱れっぷりは意外で、これも長嶋さん観戦の影響かなとも思ってしまいました。
3回には、新井がJALの看板下部を直撃する150メートル弾を放ちました!もうこれで僕は興奮しまくりで、あとはロマノが崩れないことばかりを祈っていました。ロマノはこの日はすごく安定していて、見ている限りでは低目のコントロールが良さそうで、先頭打者を塁に出さない投球をしていたので、一応安心して見ていました。「一応」と付けたのは、このカードでは、何点点差があろうとも、カープの弱投につけ込んで、巨人の「史上最強打線」がいつ火を噴くかわからないからです。ランナーをためなければ一発もらってもいいよという展開で、4回にローズが一発を打ちました。これで2点のリードかと少し落胆した場面ではありましたが、相手の打線が強力なので、ソロでよかったという感じでした。この失点のあとに、また4番・新井と前田がやってくれました。2アウト後に内野安打で出塁した新井を置いて、前田らしい鋭い当たりが右中間を切り裂きました。巨人のセンターとレフトがもたついている間に新井がホームを踏み、失点のあとに2アウトからの貴重な点が入りました。これで4-1です。
ビールを飲むタイミングを計る余裕はできましたが、なかなかビールを飲もうという気にさせてくれないのが巨人戦です。僕は気持ちよく飲みたい派なので、どきどきする展開ではなかなか飲む気になりません。でも、弟が東京ドームのビールは高くて(800円)飲んだことがないと言っていたので、何とか飲ませてやろうとは思っていました。それでやっと決断できたのが8回でした…。はじめの2口・3口目はおいしく感じたビールでしたが、まだ3点の差しかなかったので気が休まらず、あとは惰性で飲んでいたような感じでした。試合後に弟も同じようなことを言っていました。それほど巨人戦は何が起こるかわからないし、実際嫌な場面を何度となく見せ付けられてきたので、点差があってもどきどき感が消えません。
8回表に、一人ランナーが出ればロマノまで打順が回るという状況になりました。このときに、僕はロマノ続投を望んでいたので、ロマノまで回さないでくれと思っていたところ、カープ打線は見事に三者凡退に倒れ、その裏の巨人の攻撃も見事ロマノが抑えました。
9回はベイルが出てきたのですが、一昨日の失点を新聞で見ていたのではらはらしていました。でも結果は危なげなく3人で仕留め、見事にカープの勝利です!!
試合中、まずは5回裏に入る前に長嶋さんがまたスクリーンに映し出されたりして、それ以降何回か長嶋さんの様子が画面に映りました。長嶋さんの横にナベツネが座っていたときには、さすがに場内から失笑を買っていました。また、徳光さんもいたりして、何だかなごやかな雰囲気になりました。長嶋さんが画面に映し出され、まるで巨人の士気を鼓舞しているような感じでしたが、巨人の選手はやる気が空回りしていて、その姿が滑稽で見ていて楽しかったです。
何はともあれ、この注目された試合で勝てたカープは本当にすごいです。最下位脱出を密かに期待するようになりました。

【追伸】
この試合は、「東京Dレフトスタンドをカープファンで埋めよう」という企画に賛同しレフト外野指定席を確保していましたが、直前になって塾で契約している内野指定席が手に入ったので、レフト外野指定席のほうは、カープファンの講師に譲ってしまいました。2日・3日とも、レフト外野席はカープファンで埋め尽くされていたので、この企画はうまくいったように感じました。ファンの熱気もすごいものがありました。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-07-04 20:22 | プロ野球