知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9月10日(土)カープVS阪神

(まめ)たぬきさんのブログを見て、カープの倉と阪神の矢野が病院に運ばれた試合のことを書こうと思いました。

まず、10-2で阪神が大差をつけているときに、矢野の頭部死球がありました。頭部死球自体プロ野球の世界というか野球というスポーツにおいてあってはならないことであるのに、優勝を狙うチームのキャッチャーでありチームを精神的に引っ張る存在である矢野の頭にぶつける投手の気が知れません。こんな緊張感のない試合展開なのに、コントロールがおぼつかない下手な投手が頭付近にボールを投げることが間違っています。事故であったにせよ、頭部死球自体非難される行為であることに違いはありません。しかも今回は、矢野の3点本塁打の次の打席でのことであるので、選手・ファンともに怒りが増すのも仕方がありません。非難された投手が、もうボールを投げられなくなるぐらいのショックを受けたとしても、一歩間違えば殺人になるぐらいのプレーをしているので、それはそれで仕方のないことだと思います。

次に倉です。倉は立派だと思います。10-2という点差で負けていながら、次の1点の失点を防ごうとして体を張って本塁を守りました。あんなに体格のいいスペンサーが突っ込んでくるにも関わらずに逃げませんでした。スペンサーのほうに非難の目が向けられてもいますが、自分の正当な進路上でベースをブロックしている野手がいるのですから、そんなのは吹っ飛ばすのが当たり前だと思います。ランナーが赤星だったらそんなことはしないと他の人の意見がありましたが、赤星がスペンサーと同じことをしたら、体格で劣る赤星がけがをするのでしないだけです。この場面は、1点を守る倉と1点を奪うスペンサーの気迫のぶつかり合いなので、それほど問題はないと思います。ただ、僕は、このように本塁にタックルして突っ込んでくることやダブルプレー崩しを狙ってのあからさまなスライディングは好きではなく、例えそれでダブルプレーを阻止したとしても、ナイススライディングとは言えません。

他のブログを見ていて思ったのが、阪神ファンの非人間性です。倉が担架で運ばれるときに拍手をしていたそうです。その拍手は、倉の懸命なプレーにではなく、矢野の頭部死球の報復ができたことへの拍手です。頭部死球ももちろんそうですが、本塁のタックルプレーも興奮するというよりは背筋が凍るものがあります。スポーツニュースで見た限りですが、倉はタックルをくらってほとんど動けなくなっていました。そんな人に対して喜びの拍手なんて普通の人間にはできません。ブログを見ている限りでは、大部分の人が拍手をしていたと書いてあります。矢野の頭部死球のあとで興奮しているのはわかりますが、普通に人間としておかしいとは思わないのでしょうか?これが集団心理というものなのでしょうか?「集団心理」と簡単に片付けるのは嫌で、観客(特に阪神ファン)一人一人の良心を疑います。矢野の頭部死球で喜んだ人なんて一人もいません。それなのに倉の負傷退場には大きな歓声がわいています。本当に愚の骨頂と言わざるを得ません。こういう馬鹿なファンというか人間として欠落している人が多いのも野球人気の低落の一因であるのかもしれません。巨人や阪神の応援団が暴力団とつながって虎の威を借る狐のように横柄な態度を取ったり法を犯すことをしたり、ナベツネのように自分さえよければという人たちのニュースが野球界には多いような気がします。

最後になりますが、先ほども書いたように、僕はフェアでないプレーは嫌いです。相手のユニフォームを引っ張ったり、時としては必要なファールがあるという競技はスポーツとしておかしいとさえ思うほうなので、ランナーの進路を妨害して守ることや、その逆に守備を妨害するためのタックルやスライディングには嫌悪感があります。
よく、本塁上でのクロスプレーで、キャッチャーが本塁と三塁を結ぶ線の上に垂直に足を入れて、ランナーのスライディングを防ぐということがありますが、これはルール上許されていることなのでしょうか。これと同じく、ダブルプレー阻止のために、ベースにではなくベースから離れている野手に向かってのスライディングはルール上有効なのでしょうか。前者が認められるのであれば、牽制時や盗塁時にも有効であるので、これは暗黙の了解として認められているプレーということになるのでしょうか。詳しい方がいらっしゃったら教えてください。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-14 02:48 | プロ野球