知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

はじめの一歩

ボクシング漫画のタイトルではありませんが、はじめの一歩を踏み出してみました。
ブログなどをぼーっと見ていると、詩を書く人が多く、その内容に辟易していたのですが、僕もとうとうその自己満足の世界に足を踏み入れてしまいました。僕は詩ではなく、小説のほうです。
詩のほうは、僕は中原中也が最高と思っていて、僕では言葉で表現できないものを上手く表現している点ですごいなと素直に感心しました。ブログで見る詩というのは、ほとんど散文というもので、特に表現に工夫が凝らされているわけではなく、日常生活を国語力がないために短文で重ねて表現するだけというものが多く見受けられるので、「自己満足」と書いてしまいました。

さて、小説のほうですが、ある賞に投稿しようと思って勢いで書き始めたのはよいのですが、結局まだ200字も書いていません。ここ最近、国語の受験対応で、物語や論説文などに触れる機会が多く、自分でその文章構成などを読み取ることはできるのですが、それをゼロから構築してみろといわれるとどうもできそうにない自分が嫌で、それで文章(物語)を書こうという気になりました。僕は過剰な描写が嫌で、吉川英治のような必要なことだけしか書いていないのにその人物が生き生きと描かれているというのを理想としているのですが、やはりそのような才能は僕にはなく、書き始めの時点で挫折してしまいました。
でも表現を考えるということは、国語力の向上のためにもいいのかなと思いました。普段は文章を受け取るだけですが、発信側に立とうとすると、ある事柄を表現するのにもいろいろな角度で描写しようと考え、言葉も選ぶので、普段使わない部分の脳を使ったような気がしました。書いたとはいえないような文章ですが、読み手のことを考えて書くということを少しでも体験でき、これはこれでよかったと思います。また時間があるときにでも、もう少し書き進めてみようかなと思っています。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-14 00:28 | 教育