知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

無力感

ここでよく出してる生徒は、第一志望校に落ちてしまったかもしれません。今日塾に電話をしても、まだ生徒からの報告がありませんと言われました。他にも僕が国語で見ていた生徒たちの中にも不本意な結果に終わった生徒がいます。
100%希望を叶えることはできませんが、何とかしたかったという気持ちが強いです。そのために何ができたかというと、またこれからそれを考えるところですが、少なくとも現時点での僕が持っているものは生徒に全て出したつもりです。でもまだ何か足りないから生徒に悲しい思いをさせる…。
この業界にいると、自分が一気に成長しなくてはいけないと痛感させられます。少しずつ成長していたのでは、また来年の受験生につらい思いをさせてしまう。自分の持っているものが大きく、そしてそれを全て生徒に伝えることができればどんなにいいことか。でも、実際に何をしなくてはいけないのかがはっきりしていません。というか、それを見ようとしていないのかもしれません。今の自分の立場があやふやで、全てをそれにかけるということができないということが原因の一つだと思っています。だからどんなきれい事を言っていても、所詮は非常勤講師といったところです。自分でも、本当はまだまだできると思ったりもしますが、塾での指導のために100%の力を注ぎ込めません。これは自分の立場上のことであったとしても、自分で限界を作っている以上、それまでの講師です。
明日から大手中学受験塾での指導が始まります。また、履歴書をある会社に送ったりもします。こうやっていろいろな方向から自分の立場の安定を探っていますが、こうしている間にも生徒たちは僕に教わるわけです。お金を払って僕に期待してくれている生徒やその保護者たちに合わす顔がありません。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-02-06 04:23 | 教育