知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

教育実習にて

「二条河原落書」さんのブログを見て、学校の授業のことを思い出しました。僕のブログで、僕が教育実習に行っていたときのことがなぜか書いていなかったので、少し書いてみようと思います。

先ほど紹介したブログの記事は、「江東区:授業に塾講師 10小学校で4月から--23区初」がもとになっています。この記事では、「区立の小学4年生と中学1年生を対象に教員と非常勤講師の2人体制による授業を始めるほか、小学校10校で担任を塾講師がサポートする授業を導入する」ことが書かれています。教員は高い給料をもらいながら、何でこんないい加減な仕事をしているんだろうと思い腹が立ちました。同時に、僕が教育実習で行った中学校での社会の授業を思い出しました。僕が一番印象に残っているのが、すごろくをして終わった授業です。社会の補助教材に世界一周すごろくというようなものがあり、それを各班でやるだけです。そのすごろくは、例えばフランスのところで止まったら、「この国の首都はどこでしょう」といった問題があり、それを解答欄に書いていきます。問題がわからなければ地図帳を見て調べるわけですが、これが中学生の授業かと思い情けなくなりました。中学受験の社会では、世界地理は出ませんが、公立中学校よりは高度な内容を扱っているので、ただただあきれるばかりでした。また、新聞を用いて時事問題を扱うという「NIE」という観点からか、授業で扱ったからといって、定期テストでバレーボールの世界大会出場国(フジテレビで中継されていた大会)が問われました。これをもとにして、日本はブラジルから主に何を輸入しているでしょうなどという問題であれば出題意図はわかるのですが、これはないだろうと思いました。
周りから評価が入らず、学校では内申書などを楯に取った絶対的な立場である「先生」たちなので、授業を工夫しているつもりでも、それがあまり効果がないように思えました。

先ほどの江東区の記事に戻りますが、このような使えない教員のもとでサポート役に回る塾講師や非常勤講師たちがかわいそうというか、馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたいです。教員は公務員という身分が保障され高給をもらっているのにこの体たらくです。塾の講師は予備校などの一部の人気講師以外はみんな身分保障もなくそこそこの給料で頑張っています。教えるということに情熱を注いでいます。教員は授業以外にも部活などやることが多いのかもしれませんが、塾講師などに頼らざるを得ないほどひどい状況であるならば、教員の質を高めるために、もっと抜本的にそのあり方を考えてほしいものです。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-02-14 02:20 | 教育