知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:教育( 36 )

2月1日

2月1日は、プロ野球のキャンプインの日で、毎年わくわくしていました。今年はどんな戦力が出てくるんだろうとか、絶対けがをしないようにとか、祈る気持ちで2月1日を迎えていました。
でも、去年からは別の気持ちで祈るようにこの日を迎えています。そう、中学受験の本番の日なんです。みんな努力していたので実力にあった学校に合格できればと思うのですが、なかなかそう簡単なものではなく、喜怒哀楽いろいろなドラマがあります。去年は、第一志望校の一回目の試験に落ちて塾で大泣きしていた生徒が、二回目の試験に合格して次の日に満面の笑顔で塾にきたということがありました。僕が見ていた生徒は、実力適正校(と思われた)に落ち、チャレンジ校(本人はそう思っていなかったようです)に合格して、「先生じゃなかったら受からなかったよ」と泣かせることを言ってくれました。

今年の6年生は、グループ授業だけで見ると、社会一年と国語一年の計二年間も一緒に勉強してきたので、すごく思い入れがあります。試験に落ちて泣いている姿は見たくないという一心でこちらも指導してきましたが、試験当日はこちらが手を差し伸べることができないので、本当に祈ることしかできないのがもどかしいです。去年僕が校門激励に行った学校は確か5人受けたのですが、全員落ちたという苦い思い出が残り、いまだにそれを引きずっているので、今年は校門激励には行かないで、家でおとなしくしています。社員に何も言われなかったのが少し気持ち悪いですが、のんびりさせてもらおうと思います。

「自己責任」という言葉をたまに口に出して生徒を脅かしてきたのですが、いざ結果が出るとなると複雑な心境です。まだ12才なのに栄光と挫折(まだ若いので一時的なものですが)を味あわせるのは忍びないものがあります。噂では、インフルエンザや風邪で、急遽受験予定を組み直している生徒がいるとのことで、その生徒たちも含め、出てきた結果に対してはひとまず置いておいて、受験勉強に費やした数年間の努力を称え、それを自信として今後の人生を前向きに進んで行くように話そうと思います。
入試を迎える不安と微かな期待、今の6年生を受験勉強という形ではもう教えることがないという安堵感と寂しさと達成感、さまざまな感情が入り乱れての2月1日です。生徒たちには、今ある力を存分に発揮してきてほしいと思います。


先週の補習時間に、イメージトレーニングとして、「入試に合格したときをイメージして、それを物語風に書いて下さい」という課題を出しました。すごく気持ちが入っていたものがあったので、ここに書いていいのかわかりませんが、書いてしまいます。

----------------------------------------------------------------

「試験を始めてください。」
2月2日。試験官の人が言い、私は△△学園の入学試験を始めた。ドキドキ…本気で問題をとこうと思ってもなかなか集中なんてできない。だって今は、第一志望校、○○学園の合格発表を、お母さんたちが見に行ってるんだもの。私の受験番号は1076。朝両親とわかれる時、よぉく念をおしておいた。
「いい?私の受験番号は1076だよ。絶対まちがえないでよね」と。
そして、
「もし、○○おちていても、悲しそうな顔しないでね」とお願いした。
時計をちらっと見る。9時30分ちょうど。きっともう、けいじ板を見おわっているんだろうな。そう思うと、もっとどきどきする。ああきっと落ちてる…。そんな気がしてきた。
 △△学園の入試がおわり、私はゆっくり教室を出た。ゆっくり階段をおり、ゆっくりくつにはきかえる。きっと落ちてるから、親と会いたくない。顔を見たくない。そんな気持ちがあった。どんなにゆっくり歩いてもいずれは親に会ってしまう。ポト。なにかが落ちた音がして、ふと下を見ると、合格守りが落ちていた。あぁー。もうやだ。絶望的気分。もう確実に、○○に落ちたわ。私はあきらめて、はやあしで道を歩いた。
「□□(本人の名前)。」
そう呼ばれた気がしてふりむくと、お母さんとお父さんが立っていた。2人ともにこにこ笑顔。□□と呼んだその声も、とってもはずんでいた。うそ!うそでしょ?私、受かったの?信じられない気持ちで、お父さんの近くへ行くと、
「○○合格おめでとう!!」
と、はくしゅされた。
私はうれしかった。とにかくうれしかった。声も出ないくらい。そして、急いで○○に行って、自分の目で、けいじ板を見た。
1070、1071、1073、1075、1076、1079、1080……
あったあったあったあった!!
涙が出てきた。

----------------------------------------------------------------

誤字などは直して書きましたが、生徒の文章をほとんどそのまま書きました。実際にこのような場面が訪れてくれればいいなと願わずにはいられません。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-02-01 01:33 | 教育
今日、非常勤講師対象の説明会があり参加してきました。そこで驚いたのは、平均年齢の高さです。2年強お世話になっている個別学習塾のほうは、学生が中心になっているので若さあふれているのですが、僕がこれからお世話になる大手進学塾は、白髪の方や言葉が悪いのですがしょぼくれた方が多くいました。非常勤講師というのは、正規の職員になれない人がするものだと思っていたので、かなりショックを受けました。この人たちはずっとこれで生活してきているのかなとか、これでやっていけるのだろうかとか、いろいろ詮索したくなりました。僕もこのような環境に入るわけで、将来が見えたようなもの…。いや、自分はこの環境から抜け出すために頑張らなければと思いました。しょぼくれたおじさんになりたくないです。でも、これで生活できればいいかなとか、甘く考えてしまう自分がいます。

個別学習塾のほうでは、小6対象に激励会が開かれました。けちな塾なので、どうせ無給だよと思ってだらだらしていたら遅刻してしまいました。だからといって給料が発生するものでもないので怒られません。しかし、主要な講師たちが生徒に向かって真面目に話しているときに入室してしまったので、けっこう顰蹙を買いました。社員に対して印象を上げようとして激励会に参加したわけではないのですが、このような中途半端な態度が返って印象を悪くしたのではと思って、それなら無給で激励会に行かなくてもよかったかなと思ってしまいました。まあ、僕が時間通りに塾に行っていれば何事もなく済んだ話ではあるのですけどね。生徒から、先生は来ないと思ってたよと言われ、ちょっとうれしそうな顔をしていたので、少しでも喜んでもらえたのならそれでいいのかなと思いました。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-30 01:50 | 教育

教員免許

今日、高校公民の教員免許申請に行ってきました。これでやっと3年に及ぶ教員免許取得作戦が終わります。
でも、教員免許は持っているだけでは何も評価されず、これがあってやっとスタート地点に立てるというものなので、何とかこの免許を使用できるように頑張ろうと思います。
塾業界の講師としてステップアップを考えていたりして、自分でもどの方向に行くのか定まっていない状況ですが、教師または講師として生活していければと思います。

教員免許申請は神奈川県の教育委員会で行うのですが、その場所が横浜スタジアムのそばになっています。横浜スタジアムがある横浜公園を横切って目的地に向かっていたのですが、スタジアムの外野席のあたりで何か工事が行われていました。外野席の拡張ならいいのですが、たぶんそんな大掛かりなものではないような気がします。球場のゲートから、スタンドだけですが球場内をのぞき見することができ、先日の雪がまだ残っていて、スタンドを白っぽくしていました。また早く野球が見たいなと思いながら、球団のお知らせが貼られる掲示板を見たりして、野球気分に浸っていました。球団からのお知らせは、球場内での販売員募集だけでした。あそこに「○月○日横浜VS広島」と書いてあったりすると、野球熱で体が熱くなるのですが、まだ時期が早くてオープン戦のお知らせすらありませんでした。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-24 00:05 | 教育

教材が届きました

1月15日(日)に最終審査ということで、某大手進学塾で生徒を前にして解説授業をしてきて、無事に採用してもらえることになりました。
今日さっそく教材一式が届いたのですが、自分が担当するわけでもない学年のものまで入っていて、ダンボールに何冊も教材が入っていました。きっと、自分が教える学年だけではなく、前の学年ではこのようなことを学んだからそれをもとにして教えるとか、次の学年ではこれを教えるからそのレベルまで高めなければならないなどのメッセージが込められているんだろうと考えてしまってかなり重圧があります。でも、今はそれどころではなく、自分が見ている受験生をどうするかで頭が痛いです。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-18 23:54 | 教育

はじめの一歩

ボクシング漫画のタイトルではありませんが、はじめの一歩を踏み出してみました。
ブログなどをぼーっと見ていると、詩を書く人が多く、その内容に辟易していたのですが、僕もとうとうその自己満足の世界に足を踏み入れてしまいました。僕は詩ではなく、小説のほうです。
詩のほうは、僕は中原中也が最高と思っていて、僕では言葉で表現できないものを上手く表現している点ですごいなと素直に感心しました。ブログで見る詩というのは、ほとんど散文というもので、特に表現に工夫が凝らされているわけではなく、日常生活を国語力がないために短文で重ねて表現するだけというものが多く見受けられるので、「自己満足」と書いてしまいました。

さて、小説のほうですが、ある賞に投稿しようと思って勢いで書き始めたのはよいのですが、結局まだ200字も書いていません。ここ最近、国語の受験対応で、物語や論説文などに触れる機会が多く、自分でその文章構成などを読み取ることはできるのですが、それをゼロから構築してみろといわれるとどうもできそうにない自分が嫌で、それで文章(物語)を書こうという気になりました。僕は過剰な描写が嫌で、吉川英治のような必要なことだけしか書いていないのにその人物が生き生きと描かれているというのを理想としているのですが、やはりそのような才能は僕にはなく、書き始めの時点で挫折してしまいました。
でも表現を考えるということは、国語力の向上のためにもいいのかなと思いました。普段は文章を受け取るだけですが、発信側に立とうとすると、ある事柄を表現するのにもいろいろな角度で描写しようと考え、言葉も選ぶので、普段使わない部分の脳を使ったような気がしました。書いたとはいえないような文章ですが、読み手のことを考えて書くということを少しでも体験でき、これはこれでよかったと思います。また時間があるときにでも、もう少し書き進めてみようかなと思っています。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-14 00:28 | 教育

仕事納め

昨日で年内分の冬期講習が終了しました。冬期講習前に軽い胃腸炎になってしまい、まだあまり回復しないままでの12時間労働でしたので、疲労困憊でした。
僕の胃を痛くしたのは小6受験生ばかりではなく、自分の来年度の身の置き所についてでした。今某大手の中学受験塾との間で話が進んでおり、週2回1コマずつで片道1時間もかかる場所で勤務というかなり微妙な条件でのオファーがあり、年内までに返事をしなければならないという状況でした。上を見てみたいという気持ちや自分を試してみたい部分もありこの話を受けたのですが、ただでさえ少ない収入がさらに低くなるのが見込めたりするので、かなり精神的にやられました。
年明けはさっそく2日から授業があります。でも箱根駅伝見たさに午前中は休みにしているので、何とか正月気分は味わえそうです。家の前を選手達が走るので、自分の学校が出ていないのにも関わらず、ほぼ毎年観戦しているので、これを見なければ正月という気が全くしないので、去年の苦い教訓を活かして今年は午前中を休みとしました。今年こそは写真を撮って箱根駅伝の雰囲気を残そうかなと思っています。でも近所の人たちがみんな出てくるので、その中でカメラを構えるのもなあと躊躇してしまいます。この躊躇が数年続いてきたので、今年こそはと意気込んでいます。でも今年もまた外に出たら新年の挨拶をしまくって、いろいろな話をしながら選手が来るのを待つといういつもの行動を繰り返すような気がします。

今年一年間どうもありがとうございました。よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-12-31 16:40 | 教育

元生徒からのプレゼント

a0006228_101931.jpg11月3日に、去年教えていた生徒が塾に顔を出しに来てくれました。この生徒は引越しするということで埼玉の学校に行ってしまい、会うことはないと思っていたのですが、友達の学園祭がこちらのほうであったらしく、その帰りに塾に寄ってくれました。僕よりも関わりが深かった先生と話したかったみたいですが、その生徒を知っている講師がたまたま僕ぐらいしかいなかったため、プレゼントのサボテンを運良くいただきました。何でサボテンという感じですが、こういったものに興味はあっても手を出していなかったので、さっそく家に帰って水をあげたりしました。
生徒のほうは、塾にいたときには少しひねくれ気味だったのですが、中学校に入り部活で上下関係を学んだせいか、まともに成長していました。中学受験時には勉強をあまりしなかった生徒でも、中学校に入るときっちり勉強をしだしたりするなど、この時期の子供達はいろいろな変化があって楽しいです。声とか風貌などもたくましくなっていたりして、将来が楽しみだなと思いました。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-11-07 00:54 | 教育

想定の範囲外

期待していたことが思うように進まないため、身の振り方を考えなくてはならなくなりました。あまり話せないことがネックとなっており、こればかりはしょうがないという感じです。教員採用試験一本に絞れということなのかもしれませんが、中学校社会なんてと諦め半分の自分もいたりして、どうしても保険をかけようとしてしまいます。しかも公立の学校に対して失望傾向が強いので、何だかいろいろと悩むことになりそうです。

公立学校に対しての失望というのは、去年受けた横浜市の教員採用試験も大きく影響(教育実習でも失望していました)しています。筆記試験のあと、うろ覚えですが2時間強も待たされて受けた集団面接(7名ぐらいだったと思います)が、まずみんなでキャンプファイヤーの場面を演じてくださいということでした。持ち時間は5分で、その間に各人の役割を決めて演じなくてはいけません。僕はキャンプファイヤーの司会進行役という無難な役に落ち着き、第一声を発したのですが、その後の展開に思いっきり引きました。「キャンプファイヤーを始めます」というようなことを言ったら、生徒役を買って出た受験生たちが、子供のように「わーい」とはしゃぎだしたんです。思いっきり小学生の乗りです。この面接はここで時間切れとなり、その後は普通の集団面接が30分強続いたのですが、あの生徒役の人たちの変わりようが忘れられなくて、今年の横浜市の試験を受けるのが怖くなっています。中学校の試験を受けにきているはずなのに、幼稚園の先生の募集なのかと錯覚してしまうぐらい本当に僕は引きました。この面接では、どのように役決めなどを話し合っているのかなどが見られているようなのですが、演じるときのあの雰囲気は本当に嫌なものがあります。今年は他の県にも願書を出したので、受験地がそう遠くないようであれば横浜市は避けようと思っています。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-06-15 01:25 | 教育

教員免許取得

免許申請から1ヶ月経って、先月末に教員免許状がやっと届きました。まずは、中学社会と高校地歴の免許を取ることができました。免許というと運転免許しか知らなかったので、携帯できるものだとばかり思っていましたが、書道○段といったような認定証みたいに大きく、A4ぐらいの大きさのものでびっくりしました。
一時期は会社に勤めながら勉強して取ったものなので、免許が届いたその日は少しばかりのうれしさがあって免許をながめてみたりしましたが、今はもう引き出しの奥底に眠ってしまっています。
この免許がいつの日か使えることを願って、これからも頑張っていこうと思います。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-02-05 01:48 | 教育

受験結果

中学受験の結果が次々と発表され、塾の中でも悲喜こもごもといったところです。そんな中で、国語と社会が弱いのでということで11月からずっと見ていた生徒が、第一志望の学校に合格しました。この生徒は第一志望と第二志望の学校を一回ずつしか受けず、初日が第二志望で二日目が第一志望という日程でした。8割方合格するだろうと思っていた第二志望の学校の不合格が昨日通知され、講師のほうも落胆を隠せなかったのですが、その学校より5ぐらいも偏差値的に上の第一志望の学校の合格を今日聞いたときは本当にうれしく、生徒も満面の笑みで報告しに来てくれました。その生徒は、「先生がいなかったら受からなかったよ」とこちらの心をくすぐるようなことを言ってきたのですが、受験は講師がするのではなく生徒がするものなので、今まで努力してきたことを誇りに思えばいいというようなことを言いました。
この生徒は本当に素直な性格で、僕が国語と社会を担当したときにはもう11月ということで時間がなかったので、いやというほど宿題を出したりしたのですが、それを期限内にしっかりと行ってきたりしていました。頭がいいといったそのような才能では見劣りするのかもしれませんが本当に愚直で、努力する才能が人一倍あったから合格できたような生徒で、その分僕の喜びもすごく大きく、今日一日気分よく過ごせることができました。
生徒の努力が実って本当に良かったと思います。生徒の笑顔を見るのは講師冥利に尽きます。学校で教えるのとではまた違った意味での教育ですが、こちらの教育も本当にいいものだなと思いました。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-02-04 02:46 | 教育