知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

阪神おめでとう!!

今日は塾から早く帰ってきて、久しぶりにゴールデンタイムの野球中継を見ていました。やっぱり優勝が決まる瞬間というものはいいものです。阪神が嫌いではないので、よけいうれしくなりました。野球中継が終わった後は、スポーツニュースのはしごをしていました。阪神ファンでもないのに、同じ映像ばかり流れていても飽きずにずっと見ていました。
ここ数年、カープ以外の球団の優勝シーンを見てきて、カープが優勝したらうれしいというよりもまずは涙がでそうと思ったりします。まずはAクラスでいいので、カープにも頑張ってほしいものです。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-30 01:15 | プロ野球

はずれました

パ・リーグプレーオフ第一ステージのイープラスプレオーダーにはずれてしまいました。ちょうど日程的によかったので申し込んだのですが、気合いが足りなかったようです。
ロッテは去年のこともあるので、その分ファンも熱くなると思います。そういう熱いファンにぜひともスタジアムに足を運んでもらって、いい試合を見せてもらえたらと思います。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-28 00:04 | プロ野球
今日は、結果的にすごくいい試合を見たなという気分になりました。僕が前回見た試合よりもひどいペースで失点を重ねていましたが、野村見たさにそんなことはおかまいなしでした。
今回も新井のホームランが見れたし、比嘉の初打席初ホームランという快挙も見れたし、小池のポール直撃弾も見れて満足でした。
試合のほうは、9回表に入るときに、レフトスタンドからいきなり謙二郎コールが起こり、そのまま野村の応援歌が始まりました。応援歌のほうは2回りぐらいで終わり、9回の攻撃が始まりました。2アウトになったときに長谷川の打順のところで野村が出てきました。そのときの拍手や歓声は、球場全体から起こっていました。野村の応援をベイスターズファンもしてくれて、みんなが野村のヒットを待っているところに、しぶとくセンターに抜けるヒットを打ちました。野村は一塁ベース上でヘルメットを取り、まず一塁側のファンに向けて挨拶して、みんなの声援に応えていました。あの球場の盛り上がりと一体感は、野村の人徳がなせるもので、目頭が熱くなりました。やはり、カープを引っ張っていってくれた選手の引退は悲しいものがあります。野村の次の打者の栗原はライトファールフライで試合終了となるのですが、ベイスターズ側の勝利の応援と、ベンチに下がる野村への声援が交錯していました。小池のヒーローインタビューおよびファンへの挨拶が終わった後に、ライトスタンドのベイスターズファンが野村コールをしていたのが印象的で、いい気分で家路につくことができました。どのチームのファンかというよりもまずは野球ファンという人たちが多く、プロ野球を満喫できたいい一日でした。

9/20(火)補足
横浜ベイスターズ公式HPに、野村からベイスターズファンへのメッセージが載っていました。野村もいい人だけど、他球団の選手のメッセージを載せてくれるベイスターズも最高です。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-20 01:50 | プロ野球

今日もまた

野村の誕生日の今日の試合、開始してから1時間強でまだ2回裏で1-9です(T_T)大島が出てきました(ToT)
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-19 16:17 | プロ野球
(まめ)たぬきさんのブログを見て、カープの倉と阪神の矢野が病院に運ばれた試合のことを書こうと思いました。

まず、10-2で阪神が大差をつけているときに、矢野の頭部死球がありました。頭部死球自体プロ野球の世界というか野球というスポーツにおいてあってはならないことであるのに、優勝を狙うチームのキャッチャーでありチームを精神的に引っ張る存在である矢野の頭にぶつける投手の気が知れません。こんな緊張感のない試合展開なのに、コントロールがおぼつかない下手な投手が頭付近にボールを投げることが間違っています。事故であったにせよ、頭部死球自体非難される行為であることに違いはありません。しかも今回は、矢野の3点本塁打の次の打席でのことであるので、選手・ファンともに怒りが増すのも仕方がありません。非難された投手が、もうボールを投げられなくなるぐらいのショックを受けたとしても、一歩間違えば殺人になるぐらいのプレーをしているので、それはそれで仕方のないことだと思います。

次に倉です。倉は立派だと思います。10-2という点差で負けていながら、次の1点の失点を防ごうとして体を張って本塁を守りました。あんなに体格のいいスペンサーが突っ込んでくるにも関わらずに逃げませんでした。スペンサーのほうに非難の目が向けられてもいますが、自分の正当な進路上でベースをブロックしている野手がいるのですから、そんなのは吹っ飛ばすのが当たり前だと思います。ランナーが赤星だったらそんなことはしないと他の人の意見がありましたが、赤星がスペンサーと同じことをしたら、体格で劣る赤星がけがをするのでしないだけです。この場面は、1点を守る倉と1点を奪うスペンサーの気迫のぶつかり合いなので、それほど問題はないと思います。ただ、僕は、このように本塁にタックルして突っ込んでくることやダブルプレー崩しを狙ってのあからさまなスライディングは好きではなく、例えそれでダブルプレーを阻止したとしても、ナイススライディングとは言えません。

他のブログを見ていて思ったのが、阪神ファンの非人間性です。倉が担架で運ばれるときに拍手をしていたそうです。その拍手は、倉の懸命なプレーにではなく、矢野の頭部死球の報復ができたことへの拍手です。頭部死球ももちろんそうですが、本塁のタックルプレーも興奮するというよりは背筋が凍るものがあります。スポーツニュースで見た限りですが、倉はタックルをくらってほとんど動けなくなっていました。そんな人に対して喜びの拍手なんて普通の人間にはできません。ブログを見ている限りでは、大部分の人が拍手をしていたと書いてあります。矢野の頭部死球のあとで興奮しているのはわかりますが、普通に人間としておかしいとは思わないのでしょうか?これが集団心理というものなのでしょうか?「集団心理」と簡単に片付けるのは嫌で、観客(特に阪神ファン)一人一人の良心を疑います。矢野の頭部死球で喜んだ人なんて一人もいません。それなのに倉の負傷退場には大きな歓声がわいています。本当に愚の骨頂と言わざるを得ません。こういう馬鹿なファンというか人間として欠落している人が多いのも野球人気の低落の一因であるのかもしれません。巨人や阪神の応援団が暴力団とつながって虎の威を借る狐のように横柄な態度を取ったり法を犯すことをしたり、ナベツネのように自分さえよければという人たちのニュースが野球界には多いような気がします。

最後になりますが、先ほども書いたように、僕はフェアでないプレーは嫌いです。相手のユニフォームを引っ張ったり、時としては必要なファールがあるという競技はスポーツとしておかしいとさえ思うほうなので、ランナーの進路を妨害して守ることや、その逆に守備を妨害するためのタックルやスライディングには嫌悪感があります。
よく、本塁上でのクロスプレーで、キャッチャーが本塁と三塁を結ぶ線の上に垂直に足を入れて、ランナーのスライディングを防ぐということがありますが、これはルール上許されていることなのでしょうか。これと同じく、ダブルプレー阻止のために、ベースにではなくベースから離れている野手に向かってのスライディングはルール上有効なのでしょうか。前者が認められるのであれば、牽制時や盗塁時にも有効であるので、これは暗黙の了解として認められているプレーということになるのでしょうか。詳しい方がいらっしゃったら教えてください。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-14 02:48 | プロ野球

大島最高!!

見に行った8月31日のベイスターズ戦も1回投げて自責点7という大盤振舞いで、今日も2回1/3を投げて6失点で試合を壊し、1イニング4失策の遠因となりました。防御率も13.85という全盛期の佐々木の奪三振率のような楽しい数字になりました。もうこの球団には、このような寂しい笑いを提供することぐらいしかないのかと思うと情けなくなります。犬のミッキーで観客を大いにわかせてください。選手には観客をわかせられるような人はいないのですから…。

でもこんな馬鹿球団を懲りもせずまた見に行きます。9月19日(月・祝)のベイスターズ戦です。この試合は、(まめ)たぬきさんのブログにあるように、野村の誕生日だそうです。新井・栗原・前田の活躍が見れたらいいなと思います。最多勝のタイトルを狙う黒田も見たいのですが、それはローテーション上無理そうなので諦めます。

この記事を書くときに、犬のミッキーの名前が出てこなかったので、カープの公式ホームページをのぞきました。そうしたら出てきた写真が背番号24でびっくりです。先日何かの記事で見たときは、フォーム固めをしていますと楽しそうなコメントが載っていて、一年中フォーム固め(いやここ数年かも)かよと思ってしまいました。今は下のほうで投げているんでしょうか?大島よりは期待できるのかなと思うのですが、きっとどっちも同じような感じなのでしょうね。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-11 02:54 | プロ野球

親知らずの続き

親知らずを抜いた次の日に、消毒だけしにまた歯医者に行きました。この消毒はしみるんだろうなと思っていたら、全く無痛でした。これは神経もないので当たり前なのかもしれません。
親知らずを抜いた当日の夜はそうめんを食べて、次の日の昼(朝ご飯は食べません)はウイダーインゼリーを食べて、ぽっかりと開いてしまった穴に食べ物が入らないようにしていました。そして歯を抜いてから一日後の晩ご飯でやっと普通の食事をしました。そうしたら案の定、穴に食べかすが入ってしまいました。どんなに口をゆすいでも取れず、歯医者に穴の中をほじることも禁止されているので、何もできずにいて何だか気分が悪いです。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-05 11:20 | 雑記

親知らずを抜きました

今日、初めて親知らずを抜きました。
以前の歯医者でレントゲンを撮ったときには、今日取った親知らずが真横に生えていて、血管と神経に癒着しているようなのでうちでは無理と言われていたものが、2年後に今の歯医者で見てもらったら、上に生えようとなぜか向きを変えていました。
上に生えようとしていたのはよかったのですが、僕の歯磨きが至らなかったため、ただでさえ頭が出てきていない親知らずを溶かしてしまう結果になり、ずっと痛みがありました。いつもは痛みが出ても我慢すれば消えていたのですが、ずっと痛みが続くので今の歯医者に行きました。
お盆の頃に歯医者に行ったのですが、そのときの診断では、神経まで侵される一歩手前ということですぐに抜歯することを勧められましたが、夏期講習中で時間が取れなかったこともあり、薬を歯に詰めてもらって先延ばししていました。
今日は、まず麻酔の注射をしたのですが、あまり効かなくて1本余分に打ってもらいました。親知らずは頭が出ていないために、抜くというよりは、押して砕くという感じで、歯医者さんが一生懸命力を入れて押していました。そして、ガリっていう音がしてからバキっという音がして、歯が砕けていく感じが伝わってきました。
術後しばらく止血のためガーゼを患部に当てて数十分安静にしていました。出血が少ないらしく、もっと出血していれば早くかさぶたができるんだけどねと言われてしまいました。麻酔が切れた後も痛みがそれほどなく、この記事を書いている今は全く痛みがないといった感じで、万事上手くいったようでほっとしました。
[PR]
by nemo2000jp | 2005-09-02 21:30 | 雑記