知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日、非常勤講師対象の説明会があり参加してきました。そこで驚いたのは、平均年齢の高さです。2年強お世話になっている個別学習塾のほうは、学生が中心になっているので若さあふれているのですが、僕がこれからお世話になる大手進学塾は、白髪の方や言葉が悪いのですがしょぼくれた方が多くいました。非常勤講師というのは、正規の職員になれない人がするものだと思っていたので、かなりショックを受けました。この人たちはずっとこれで生活してきているのかなとか、これでやっていけるのだろうかとか、いろいろ詮索したくなりました。僕もこのような環境に入るわけで、将来が見えたようなもの…。いや、自分はこの環境から抜け出すために頑張らなければと思いました。しょぼくれたおじさんになりたくないです。でも、これで生活できればいいかなとか、甘く考えてしまう自分がいます。

個別学習塾のほうでは、小6対象に激励会が開かれました。けちな塾なので、どうせ無給だよと思ってだらだらしていたら遅刻してしまいました。だからといって給料が発生するものでもないので怒られません。しかし、主要な講師たちが生徒に向かって真面目に話しているときに入室してしまったので、けっこう顰蹙を買いました。社員に対して印象を上げようとして激励会に参加したわけではないのですが、このような中途半端な態度が返って印象を悪くしたのではと思って、それなら無給で激励会に行かなくてもよかったかなと思ってしまいました。まあ、僕が時間通りに塾に行っていれば何事もなく済んだ話ではあるのですけどね。生徒から、先生は来ないと思ってたよと言われ、ちょっとうれしそうな顔をしていたので、少しでも喜んでもらえたのならそれでいいのかなと思いました。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-30 01:50 | 教育

教員免許

今日、高校公民の教員免許申請に行ってきました。これでやっと3年に及ぶ教員免許取得作戦が終わります。
でも、教員免許は持っているだけでは何も評価されず、これがあってやっとスタート地点に立てるというものなので、何とかこの免許を使用できるように頑張ろうと思います。
塾業界の講師としてステップアップを考えていたりして、自分でもどの方向に行くのか定まっていない状況ですが、教師または講師として生活していければと思います。

教員免許申請は神奈川県の教育委員会で行うのですが、その場所が横浜スタジアムのそばになっています。横浜スタジアムがある横浜公園を横切って目的地に向かっていたのですが、スタジアムの外野席のあたりで何か工事が行われていました。外野席の拡張ならいいのですが、たぶんそんな大掛かりなものではないような気がします。球場のゲートから、スタンドだけですが球場内をのぞき見することができ、先日の雪がまだ残っていて、スタンドを白っぽくしていました。また早く野球が見たいなと思いながら、球団のお知らせが貼られる掲示板を見たりして、野球気分に浸っていました。球団からのお知らせは、球場内での販売員募集だけでした。あそこに「○月○日横浜VS広島」と書いてあったりすると、野球熱で体が熱くなるのですが、まだ時期が早くてオープン戦のお知らせすらありませんでした。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-24 00:05 | 教育
今日、お風呂に浸かりながら、ふと考えてしまいました。
これはあくまでも妄想です。

1.(二)松本高
2.(遊)梵or山崎
3.(左)前田
4.(三)新井
5.(一)嶋
6.(右)栗原
7.(中)緒方or比嘉
8.(捕)倉or石原
9.(投)黒田

個人の趣味が出まくりです。松本高明は、去年初めて見たときに、スピード感があってすごく好感が持てたことやプロ初ヒットを見ることができたので、これから頑張ってほしいなという期待で書いてみました。
同じ理由で、比嘉もプロ初打席初本塁打というめったにお目にかかれないスーパープレーを見せてもらったので、今年もその姿をたくさん見たいと思って挙げてみました。比嘉をセンターと書いたのですが、選手名鑑を見ると内野手登録のようです。
栗原は、サードからファーストに投げるボールの軌跡が、僕が見た中で一番きれいで、すごく肩がよさそうという理由で、嶋よりかはいいのかなと思って外野にしてしまいました。
新井のサードですが、確かに守備に難があります。でも弟と話していて、去年はサードで使われていたから成績がよかったんじゃないという話が出てきて、守備と打撃がそこまで影響するのかはわかりませんが、げんを担いでサードとしました。
キャッチャーは、リード面を見ると断然倉です。去年も試合観戦時に、何度も倉のリードにうならされました。あのインコースの使い方は素晴らしいです。投手のいい球を引き出しているような感じを受けました。でも打撃が投手並なので、こちらの成長も見られればと思います。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-22 02:48 | プロ野球

ミノルタ…

一眼レフを手にしたのは、確か前の会社を辞めるときだったか、その一年前だったような気がします。そのときに、ミノルタがいいのかキャノンがいいのか随分悩んだ挙句、ミノルタのα-SweetII Wズームセットを買いました。そのおかげで、いろいろな野球選手の写真を撮ることができ、自己満足に浸れました。自分ではいいかもと思っていたミノルタですが、ミノルタは業績がよくないということが前から言われていて、いつカメラ事業から撤退するのかということが話題になっていましたが、とうとうその日がやってきてしまったようです。「カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について」というお知らせが公式ホームページに掲載されていました。デジカメもミノルタのものを使っているため、かなり悲しいお知らせになりました。ミノルタの資産を引き継ぐのがソニーというのにもへこまされました。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-20 01:15 | 写真

教材が届きました

1月15日(日)に最終審査ということで、某大手進学塾で生徒を前にして解説授業をしてきて、無事に採用してもらえることになりました。
今日さっそく教材一式が届いたのですが、自分が担当するわけでもない学年のものまで入っていて、ダンボールに何冊も教材が入っていました。きっと、自分が教える学年だけではなく、前の学年ではこのようなことを学んだからそれをもとにして教えるとか、次の学年ではこれを教えるからそのレベルまで高めなければならないなどのメッセージが込められているんだろうと考えてしまってかなり重圧があります。でも、今はそれどころではなく、自分が見ている受験生をどうするかで頭が痛いです。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-18 23:54 | 教育

ミクシィ始めました

先日、日ハムファンクラブの件から、カープのファンクラブは…と弟に話したら、松田オーナーは成人男性のファンクラブ加入需要があるとは思わなかったというような発言をしているみたいとか、日ハムのファンクラブは特典もいいし案外会員数も多いんだよということなどを教えてくれました。そのときに、弟がこれを見てよとパソコンの画面を示し、僕が見させてもらったら、それがミクシィ内の掲示板でした。それで弟に紹介メールを送ってもらって、入会する運びとなりました。
ミクシィはやはり大学生などの若い人たちが多いですが、2chなどの掲示板に比べると、すごく紳士的に会話が進んでいたりするので、その点で好感が持てました。また、その掲示板についても、スレッドがけっこう細かくあったりして、眺めていて楽しいです。弟が掲示板で登録していた「スカイラブハリケーン」というものを見たのですが、漫画のキャプテン翼にあった大技を修得しようと真面目に努力して(話して)いる人たちがいて、見ていて顔がにやけました。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-17 00:02 | 雑記

はじめの一歩

ボクシング漫画のタイトルではありませんが、はじめの一歩を踏み出してみました。
ブログなどをぼーっと見ていると、詩を書く人が多く、その内容に辟易していたのですが、僕もとうとうその自己満足の世界に足を踏み入れてしまいました。僕は詩ではなく、小説のほうです。
詩のほうは、僕は中原中也が最高と思っていて、僕では言葉で表現できないものを上手く表現している点ですごいなと素直に感心しました。ブログで見る詩というのは、ほとんど散文というもので、特に表現に工夫が凝らされているわけではなく、日常生活を国語力がないために短文で重ねて表現するだけというものが多く見受けられるので、「自己満足」と書いてしまいました。

さて、小説のほうですが、ある賞に投稿しようと思って勢いで書き始めたのはよいのですが、結局まだ200字も書いていません。ここ最近、国語の受験対応で、物語や論説文などに触れる機会が多く、自分でその文章構成などを読み取ることはできるのですが、それをゼロから構築してみろといわれるとどうもできそうにない自分が嫌で、それで文章(物語)を書こうという気になりました。僕は過剰な描写が嫌で、吉川英治のような必要なことだけしか書いていないのにその人物が生き生きと描かれているというのを理想としているのですが、やはりそのような才能は僕にはなく、書き始めの時点で挫折してしまいました。
でも表現を考えるということは、国語力の向上のためにもいいのかなと思いました。普段は文章を受け取るだけですが、発信側に立とうとすると、ある事柄を表現するのにもいろいろな角度で描写しようと考え、言葉も選ぶので、普段使わない部分の脳を使ったような気がしました。書いたとはいえないような文章ですが、読み手のことを考えて書くということを少しでも体験でき、これはこれでよかったと思います。また時間があるときにでも、もう少し書き進めてみようかなと思っています。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-14 00:28 | 教育

日ハムファンクラブ

去年度も考えていたパ・リーグのファンクラブ会員入会を今年度はすぐに決断しました。去年の終わりに、まず日ハムのファンクラブに入りました。去年のクリスマス前ぐらいまでに入会するとおまけのピンバッチをもらえるということで、早めに入会しました。次に西武のに入ろうと思ったのですが、イープラスで入会するとファンクラブ特典の引換券が自宅に郵送され、それをインボイスまで持って行って引き換えするというめちゃくちゃな内容(せめて郵送ぐらいしてほしい)だったのでやめました。地方の西武ファンの人はどうしているのでしょうか。ロッテはまだ今年度の会員を募集していないので、気長に待っています。

なぜパ・リーグのファンクラブに入るかというと、年会費が3000円で特典がたくさんついているからです。セ・リーグでみると、地元のベイスターズは、年会費4000円の「横浜ベイスターズ・ファンクラブ」には、オリジナルトートバックなどしか目を引く特典がありません。年会費8000円の「横浜ベイスターズ友の会」になると、内野自由席券6枚・外野自由席券6枚・オリジナル帽子・オリジナルグッズなどが付いてきます。ひいきのカープのファンクラブになると、「ジュニアカープ」・「レディースカープ」・「シニアカープ」という3種類のファンクラブがあるのですが、残念ながら僕はそこに入る資格もありません。
僕が入会した日ハムの「ルーターズクラブ」のものを見ると、年会費3000円で、オリジナルウインドブレーカー(新規入会者)・入会記念ピンバッチ・公式戦2試合招待券・チケット割引などが付いてきます。
ファンクラブに何を求めているかで人によってその価値は違ってくるとは思うのですが、僕は特典がたくさん付いているほうがうれしく、ミーハーなファンとしてグッズや会員証を持てるという喜びに浸れるのがいいなと思っています。心無いコアなファンの人が「にわか」という言葉でファン歴が浅い人を小馬鹿にしたりしますが、こういうところで「にわか」ファンを獲得して球場に足を運ばせ、そして真の野球好きを育ててくれればと思いました。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-09 00:09 | プロ野球

箱根駅伝

今日は箱根駅伝の応援に行ってきました。「応援に行く」というとたいそうなことに聞こえますが、ただ家の前を走るので、ちょこっと見に行ったというような感じです。
a0006228_23202441.jpg案の定、外に出たら知っているおばさんたちがいたので、新年の挨拶を数人にしました。箱根駅伝でのこの挨拶も毎年恒例になっています。今年は写真を撮るということでデジカメを持って行ったのですが、なかなか撮ろうと思えず、ずっと悩んでいました。今までは旗を振って「頑張れー!!」とやっていたので、撮影に力を入れるのがどうしても気が引けました。でも結局、今年だけと言い聞かせて写真を撮りました。撮ったのはいいのですが、選手の動きが早いため、像がぶれていたりして、撮影の仕方をいろいろと勉強するような形になってしまいました。今年だけと思っていたのですが、来年もまた撮影することになりそうです。山梨学院と日大の外国人をしっかり撮れればいいかなと思っています。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-02 23:26 | スポーツ

ミクシィ

去年のネット大賞みたいなものを受賞して「ミクシィ」の名前を知りました。そしてつい先日、塾の学生講師の人と話をしていたら、このミクシィの話が出てきて、「僕は本名でこれをやっていて、そこにたまたま○○先生が入ってきてびっくりしました」というようなことを言っていて、本名でネットをするなんてと思ってしまいました。でも僕もミクシィをしてその講師の名前で検索すればネットでコミュニケーションが取れると思い、ひそかにやってみようと思ってミクシィのホームページを見て新規登録しようと思ったら、招待メールがなければ登録できませんということで、参加することができませんでした。少し興味があったのにこうも閉鎖的だともういいやという感じです。でもミクシィははやっているようなので、招待メールがこないということは、実は友達が少ないということなのかもと思って、ここに掲載するのを少しためらってしまいました。SEをしていたときはネット関係のことも情報としていろいろ入ってきたのですが、この世界から離れてしまって、こうも疎くなってしまったのが少し悲しくもあります。
[PR]
by nemo2000jp | 2006-01-02 01:04 | 雑記