知的なことをしなくちゃと思うのですが、怠け者でして…。


by nemo2000jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

給油法案審議

外交は理想論だけではうまくいかないようで、現実も踏まえた厳しい選択
が迫られるので、僕は日本がどのような外交をしていけばいいのかという
意見を出せずにいます。

--------------------------------------------------------------
給油法案審議―「アフガン」を広い視野で(朝日新聞)
http://www.asahi.com/paper/editorial20081017.html?ref=any

「ブッシュ政権は軍事力増強の方針に転じ、各国にも増派を要請している。
だが、反応ははかばかしくない。治安改善のためにはアフガン国軍を強化す
るしかないとして、部隊を増派しない国や、部隊を派遣しない国にその費用
の負担を求める案も浮上している。 結局のところ「軍事力でタリバーンに勝
利することはできない」(アフガン駐留の英軍司令官)というのが、国際社
会が7年にしてたどりついた結論ではあるまいか。

 では、どうするか。タリバーン穏健派との対話を探り、和平を結ぶことで
国際テロ組織アルカイダを孤立させることだ。当初、対話に反対だったカル
ザイ大統領や米政府も、ようやくこの可能性に着目しだした。

 同時に、復興支援を厚くし、平和の配当を早くアフガンの人々に届けるこ
とだ。タリバーンの中心勢力である多数派民族パシュトゥン人をもっと政権
に取り込む必要もあるだろう。それがひいては隣国パキスタンの政情を落ち
着かせることにもつながる。

 政治、民生支援、軍事を合わせて、アフガンをめぐる国際社会の取り組み
を仕切り直すべきなのだ。」

---------------------------------------------------------------

新テロ法審議 給油継続の意義は増している(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081017-OYT1T00703.htm

「麻生首相は答弁で、「各国が『テロとの戦い』に増派する中、日本だけがこ
の地域から撤収することは考えられない」として、給油活動の継続の必要性
を強調した。もっともな主張である。

 アフガニスタンでは昨年以降、旧支配勢力タリバンによるテロ攻撃が増え
ている。アフガンに駐留する40か国の部隊の犠牲者は1000人の大台に
迫りつつある。

 それでも、各国は、アフガン安定のため、部隊を増強している。自衛隊の
アフガン本土派遣を求める声も少なくない。日本がこれに応じないばかりか、
インド洋からさえ撤収するようでは、国際社会の流れに完全に逆行する。」

「民主党案は、アフガンの非合法武装集団の武装解除や、道路建設、医療な
ど人道復興支援活動に自衛隊や文民を派遣する内容だ。復興支援活動には、
武力抗争停止の合意などの条件がついている。

 アフガン本土で人的貢献を目指す発想は悪くない。だが、アフガンの現状
からかけ離れた非現実的な条件がつくため、実際は「何もしない」案に等し
い。これでは国際社会の理解は得られまい。」

---------------------------------------------------------------
理想としては、朝日新聞社説にあるように、対話を重ねながら同時に復興支
援(アメリカが壊しておいて復興支援というのも面白い表現ですが)がよさ
そうなのですが、アメリカはアフガニスタン作戦に非協力的な国に費用の負
担を求めるようなので、読売新聞社説にあるように、給油活動でもして、ア
メリカ側についていますよとアピールすることも大切なのかと考えさせられ
ます。

ただ気になるのが、朝日新聞では「ブッシュ政権は軍事力増強の方針に転じ、
各国にも増派を要請している。だが、反応ははかばかしくない」とあるのに、
読売新聞では「各国は、アフガン安定のため、部隊を増強している。自衛隊
のアフガン本土派遣を求める声も少なくない」と書いてあることです。
ただ自社の意見に正当性を持たせたいがためにこのように書いていると思う
のですが、それにしても全く反対の内容なので、何が事実なのかよくわかり
ません。
今思いついたのは、「反応ははかばかしくない」けど、一応少しは「部隊を
増強している」ということです。これだと両社とも間違ったことは言ってい
ません。でも、結果だけ見ると読売新聞のほうが正しそうです。どの程度「
はかばかしくない」のかを書いてくれないと、朝日新聞主張の元となる根拠
が少し弱くなるような気がします。

新聞の記事の読み方もそうですが、世界情勢の読み方というか、理想がある
中で現実的に何をすればいいのかということを考えるのはかなり難しいなと
思いました。
「外交」と難しそうに言っても、結局は「大人」の友達付き合いみたいなも
のなので、自分に対して利益になりそうなことにはひとまず顔を出すという
スタンスにならざるを得ないような気がします。だから日本はアメリカ様に
は逆らわないようにご機嫌を伺い続けなければならないのかと、ちょっと暗
い気持ちにもなります。アメリカ経済が没落しそう(してる?)なので、こ
こら辺で、またヨーロッパ中心の世界にならないかなと思ったりもします。
決してヨーロッパがいいというわけではなく、アメリカ様のやんちゃぶりが
目に余るのでそう思いました。
[PR]
by nemo2000jp | 2008-10-19 01:03 | 真面目もの